料金のカラクリ

HiroTakeのリトミュジックは地域の平均を3割ほど下回った料金設定にしています。

安さを実現するカラクリは残念ながらお伝え出来ません。
HiroTakeだけのビジネスモデルだからです。

ただ、1つだけ、リトミュジックの料金設定に踏み切った理由をお伝えできます。

それは、1人でも多くの人に音楽を通して豊かな人生を送ってほしいと強く考えていることです。
音楽がきっかけで何かを得る人を私はたくさん見てきました。

私たちがHiroTakeを設立するだいぶ前の話です。
とある総合大学の職員の方とお酒を飲んでいるとき、その方は夢を語りました。
『音楽を習ったことはない。
 でも、人生で一度は舞台からみる景色を経験したい。』
当時の私は、歌を提案しました。仕事終わりの時間を使って何度かレッスンをしていく中で、どんどん実力をつけ、私も『これならいけるな』と確信しました。
少し先のスケジュールに私が主催の演奏会があり、出演を提案してみました。この方の目標は『舞台からみる景色を経験したい』でしたので、そこから先は発表会のためではなく、演奏会のためのレッスンをしました。
少し厳しい練習も乗り越え、ついに舞台に立つことができました。
演奏会終了後に出たこの方の言葉です。
『舞台から見る景色は想像とは全く違った。音楽が私の人生を1つ上のステージに送り出してくれた。』
この方はこれを機に、学生の演奏活動を強力にサポートするようになりました。結果、大学の名前を広めることができ仕事も順調だそうです。

リトミュジックのレッスンは、音楽を“なぜ習うのか”ではなく、“習う音楽をどう活かすか”という人が増えてくれることが目標です。

~常に音楽のある生活を~

このHiroTakeのフレーズには子どもから大人まで、1人でも多くの人に音楽を通して豊かな人生を送ってほしいという思いを込めています。

リトミュジックの料金設定は、そんな方が増えて欲しいと思いアイディアを結集した結果です。

お子様のレッスンは、現在も演奏活動を続け、リトミック・教職の資格を持つ女性の先生が教えます。
いつの日か、何かに役立つレッスンになることと思います。


追記
ピアノ家は暗い人が多いそうです。
リトミュジックの先生は真逆です。